贈与 横浜|土地 建物│会社設立は横浜の今井章義司法書士事務所へ



贈与税の配偶者控除について

登記費用大幅値下げしました!          

                                              事務所案内


不動産の名義変更は、変更する原因(理由)によって必要書類・登記費用が変わってきます
贈与以外の相続売買・離婚による財産分与等、不動産の名義変更はこちらをクリック


贈与(生前贈与)による不動産の名義変更の、必要書類・登記費用については、こちらをク
リック


◆ 贈与税の配偶者控除

  婚姻期間が20年以上の夫婦の間で、居住用不動産又は居住用不動産を取得するための
金銭の贈与が行われた場合、基礎控除110万円のほかに最高2,000万円まで控除(配偶者控
除)できるという特例です。

特例を受けるための要件は
  夫婦の婚姻期間が20年を過ぎた後に贈与が行われたこと
  配偶者から贈与された財産が、自分が住むための居住用不動産であること又は居住用
  不動産を取得するための金銭であること
  贈与を受けた年の翌年3月15日までに、贈与により取得した居住用不動産又は贈与を受
  けた金銭で取得した居住用不動産に、贈与を受けた者が現実に住んでおり、その後も引
  き続き住む見込みであること
  配偶者控除は同じ配偶者の間では一生に一度しか適用を受けることができません。

適用を受けるためには、贈与を受けた年の翌年2月1日から3月15日 (贈与税の申告期間)
に、住所地を管轄する税務署へ贈与税の申告をすることが必要です。
詳しくは税務署にお問い合わせ下さい。 



司法書士は生前贈与による不動産の名義変更登記の専門家です!
所有権移転登記手続(土地・家・マンションの名義変更)に関するお問い合わせは、
横浜の今井章義司法書士事務所まで(電話相談無料)

所有権移転登記以外の各種登記に関するご案内はこちらから
電話 045−681−4832   お問合せフォームはこちら


     神奈川県横浜市中区元浜町四丁目39番地 三橋ビル2階
     司法書士・土地家屋調査士 今井章義事務所
     横浜地方法務局近く(正面玄関前)
     電話 045−681−4832



                                    当事務所をご利用いただいたお客様の声

                                    司法書士 横浜のホームページ トップへ





横浜地方法務局 本局 登記事務の管轄

商業・法人登記管轄区域  ・・・  神奈川県横浜市・川崎市内全域
平成21年11月24日(火)から,川崎市内の商業・法人登記管轄区域が横浜地方法務局
本局法人登記部門に変更となりました。

当事務所の主な対応地域

神奈川県
(横浜市・川崎市・横須賀市・藤沢市・鎌倉市・逗子市・茅ヶ崎市・平塚市・大和市・ 厚木市
海老名市・相模原市・綾瀬市・伊勢原市・座間市・秦野市・三浦市 ・小田原市・南足柄市)
東京都全域・その他関東近辺
その他地域でも対応可能ですのでご相談ください。